kenkenper1のブログ

けんちむのブログ

そろそろ移植

みなさんこんばんは

 

在宅勤務はどうですか?オンライン授業はどうですか?わたしはまだどっちも経験してないので何とも言えません。

 

 

そんなことより、去年の2月から透析生活がスタートして1年半、ようやく来週火曜日に腎臓移植することになりました。

 

ほぼ単位取得し切った3年冬からの透析生活で不幸中の幸いでした。入学してすぐだったらあまり単位を取れず中退してたかもしれません。

 

1年の夏にかなり腎臓が悪化して3ヶ月ほど入院したのですが、ほとんど尿が出ず体重30%増加、薬の副作用で顔や背中に脂肪が溜まりニキビだらけ、ひどい倦怠感、等々で大変でした。

 

それらが多少収まりついに退院、その後も治療のため入退院を繰り返し、しばらくして腎臓が機能しなくなり透析。

 

病院には6歳で透析してる子どもがいたので透析の不安はあまりなかったのですが、やはり週3回×4時間通院するのは苦痛ですね。

 

透析患者って実はあまり食事制限はないのですが何と言っても水分制限がかなりキツイです。

 

透析をする4時間のうちに一気に3~4キロ脱水するので、血圧が急降下したり、頭痛がしたり、吐き気がしたり、と身体がおかしくなります。

 

かなり辛いので始めて半年くらいは透析後帰宅してすぐ横になって寝てました。今は身体も透析に慣れてきて大丈夫です。

 

 

腎臓移植は2通りあって献腎移植と生体腎移植。献腎移植は脳死状態の人から腎臓を貰うこと、生体腎移植は(基本的に)家族からもらうことです。

 

私は母親から貰うので生体腎移植なのですが、家族がいない、OKが貰えない等々の理由で献腎移植せざるを得ない人は20~30年待ちだそうです。大変ですね。

 

ということで母親には感謝です。

 

移植した腎臓は自分の身体の中に入るものの、他人の臓器であることには変わりないので、体内で拒絶反応が起こり、時間とともに機能しなくなり20~30年後にはまた透析になる可能性は高いです。ただ健康に気をつけていれば50年でも何年でも持つかもしれません。

 

腎移植が成功したらまたご報告します。

入院は9月29日から3週間くらいです。

 

 

 

 

終わり

 

2020年前半戦終了

お久しぶりです。けんちむです。

 

みなさんきちんとソーシャルディスタンスは取っていますか?

私はコロナ前からきちんと取っていました。

 

さすがけんちむさんですね。

 

 

ところで私、昨日一つ内定が出ました(おめでとうございます㊗️)

 

コロナの影響で多くの企業が採用人数を削るなかどうなるかと思っていましたが、一安心。

 

まあでも他にも行きたい企業はいくつかあるのでまだ就活は続けていきます。

 

 

大学では新聞サークルに所属していたこともあり校閲記者か整理記者でもやろうかなと思っていたのですが、途中から自分には向いていないのではと思ったり、新聞学科的な人は逆に新聞社は欲していないのではと思ったりして諦めました。

 

校閲記者→原稿の誤字脱字チェック、数値や名前などの事実関係を確認をする記者

整理記者→見出しをつけたり紙面を組んだりする記者

 

 

障害があるので一般企業の他に特例子会社も受けているのですが、社員の5~8割くらいが障害者なので入社してからどのようにコミュニケーションを取ろうか少し心配です

 

※特例子会社とは、企業が障がい者の雇用を促進する目的でつくる子会社のこと。

三井物産ビジネスパートナーズ、楽天ソシオビジネス、リクルートオフィスサポートとか

 

特例子会社は親会社の法定雇用率を満たすために作られたものなので、親会社が採用人数を増やしたらそれに比例して特例子会社も採用人数を増やすといった感じになっています。

 

やはり法定雇用率が一番にあるので、正直面接も単調だったり、ひたすら肯定するだけの面接官だったりと、もう誰でも良いから障害者を雇おうって会社が実感としてはほとんどでした。

 

 

ただ一つ、M社というところは採用面接でも圧迫気味だったり矛盾点を指摘してくれたりして、変に障害者だからと気を遣わずに面接をしてくれました。

 

面接中は「何やこのおっさん」とムッとしましたが、後で振り返ったらやっぱり嬉しかったです。

 

 

あとは障害者採用は車椅子の人が事務作業をするイメージが強かったのですが、説明会やインターンに行くと結構聴覚障害の人が多くて驚きました。

 

そういった人たちとコミュニケーションを取って楽しく仕事ができるように手話でも覚えてみようかなと思います。

 

障害のあるなしにかかわらず一緒に仕事をして利益を生み出せる企業が増えていくと良いですね。

 

 

あと先週ですが25歳になりました。四半世紀生きてきて少しの楽しいことと、たくさんのつらいことがありましたが、これからの人生が楽しくなるように、はやく大人になっていきます。

 

 

 

おわり

 

 

 

 

眠れない毎日

快適な自粛生活をお過ごしのみなさん

 

こんばんは、けんちむです。

 

今日はブログを途切れさせないために無理やり2回目の記事を書きます。なので中身はほぼゼロです。悪しからず。

 

最近夜まったく眠れません。

 

年明けたくらいからですかね。

外が明るくなったら寝る、そんな生活を繰り返しています。

 

アルバイトの出勤時間が11時or13時なのでゆっくり寝ていられるのが悪いのでしょう。

 

それまで何してるかというと、ひたすらyoutubeを見ています。

 

よく見るのはニュース解説、お笑い、耳かき系ASMRですが最近は甲子園ですかね。

 

こう見えて小3から高1まで野球部だったので甲子園はずっと憧れの場所でした。

 

もちろん甲子園出場は叶いませんでした。

残念。

 

高2のとき知り合いが生徒会をやっている群馬県高崎高校の応援に行った時、初めて甲子園球場を生で見てとても感動しました。

 

相手は滋賀の強豪近江高校で負けてしまいましたが、高崎高校の応援は球場をどよめかせていて、まるで勝ったかのようでした。

高崎高校 甲子園等で動画検索すれば何がすごいのか分かります。ぜひ検索を)

 

大学3年の夏に10日連続で甲子園観戦したのですが、それも思い出に残ってますね。

 

高校球児が頑張ってるんだから俺も頑張ろうということで、タオル無し日焼け止め無しで観戦し続けたら腕と顔を火傷してしまいました。

 

一番記憶に残っている試合は、第100回記念なので、大阪桐蔭??金足農業??でもなく

 

 

 

益田東(島根)vs常葉菊川(静岡)の試合です。

 

結果は7-8で常葉菊川が勝ったのですが、そんなことよりやっぱり益田東の首藤くんです。

 

158cmにもかかわらず甲子園で3安打、ダイビングキャッチ、極め付きは犠打と見せかけ前進してきた三塁手の横を抜くプッシュバント。

 

あのプッシュバントは球場全員が驚いたでしょう。ホームランを打ったわけでもないのに大拍手が起こってました。

 

僕も158cmと同じ身長なのですが、あんな選手になりたかったなと思いました。

 

首藤くんはどうやら高校で野球を辞めてしまったそうで今は何してるか分かりません。

 

どこかでお会いしたいですね。

 

今年は春のセンバツ甲子園が中止になり、夏も開催されるかどうか分からないみたいです。

 

はやくコロナが収まって甲子園が開催されることを願います。

 

 

けんちむ

 

 

 

はじめました

 

どうもみなさん、けんちむです。

 

どうせすぐやめるとは思いますがブログを始めました。

 

皆さんのように充実した人生を送ってきたわけではないのでそんなに面白いことは書けませんが、日々の小さな幸せやイライラ、堕落した生活の様子などを綴っていこうと思います。

 

 

今は就活中なのですが、基本的に説明会は中止もしくはWEBでの開催となっていてなかなか企業について詳しく知ることができず困っています。

 

20卒で透析したまま働くよりは卒業を1年送らせて、腎臓移植をして透析をしていない状態で働きたかったので21卒にしたわけですが、まさかコロナの影響でこんなことになるとは。

 

やはり20卒にしておけば良かったのかなと後悔。

 

まあでも、その1年分の学費を稼ぐために始めた日能研テストの採点や雑誌の校正バイトはとても楽しくやり甲斐があるので、今はこれを頑張っていこうと思います。

 

日能研の採点をしてて思ったのですが、中学受験の問題てかなり難しいんですね。

 

自分は社会担当なのですが、円高円安の原理を説明する問題や国際機関の名前を書かせる問題などがあって驚きました。

 

昨日は国語を担当したのですが、センター小説とほぼ変わらない難易度でこちらも驚きました。国語は採点前に自分で問題を解くのですが、必ず数問は答えが分からず自信をなくします。

 

こんなんで就職できるのでしょうか。

 

1回目はこんな感じで。

ありがとうございました。

 

けんちむ